スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

整体の力を借りてデトックス

便秘には日常の食事の中に、食物繊維を1日20g程度を摂取できる工夫をしてみてください。

 

例えば納豆1パック(50g)には3g強の食物繊維が含まれます。

 

卯の花はおよそ10%もの食物繊維を含みます。

 

ご飯よりもパン、パンの中でもライ麦パンや全粒粉パンは食物繊維が豊富です。

 

便秘に良いと言われるもの、たとえば野菜、プルーンなどは食物繊維を多く含みます。

 

プルーンよりも実は干し柿の方が食物繊維は多いです。

 

そういわれても好き嫌いはありましょうから、食べやすいもので工夫しながら食物繊維を摂取すれば良いわけです。

 

野菜というとレタスを思い浮かべる人もいらっしゃると思いますが、レタスは野菜の中では食物繊維はあまり多くありません。

 

レタスだけで1日に必要な食物繊維を摂ろうとすると1日に8玉も食べなければなりません。

 

食物繊維に限って言えば、レタスはあてにできません。

 

したがって、コンビニのサラダなどはでは食物繊維を摂ったことにはなりませんよね。

 

あとは米子市で効果の高い整体に通ってデトックスもいいですよ。

 

腸内も動く感じで毒素も出せるしお肌にもいい感じです。

慢性便秘に悩むひと

慢性便秘の友達がいます。

 

私の友達も便秘で苦しんでます。

 

私は、毎晩ヨーグルトを食後のデザートとして食べています。

 

フルーツも食べてます。

 

おかげで毎日いいかんじです。

 

便秘を解消する方法としてはプルーンやパイナップルがおすすめです。

 

プルーンは、ジュースがいいですね。

 

昔、母がプルーンジュースを飲んですごい効き目だったそうです。

 

パイナップルは、繊維質が多いので生がおすすめですよ。

 

みてると、食生活が悪いみたいじゃないですね。

 

あとは、睡眠とかですかね。

 

それでも無理なら1回、下剤を使ってみるのもいいですが、一日外にでかけない時に使ったほうがいいと思います。

 

いつ薬が効くのかわからないので。

肝臓のダメージを考える

肝臓は体内で重要な臓器で、その働きのひとつが、体に有害なものを解毒するという働きです。

 

また、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、症状があらわれた時には、大変なダメージを被っていることも少なくないのです。

 

また一度肝機能に障害が起こると、治癒するのは大変困難だと言われています。

 

ですから、デトックスで改善されたとしても体感は少ないかもしれません。

 

よほど悪い人が改善されれば別ですが・・・。

 

病院での肝臓機能の検査による数値によってしか分りにくいかも知れません。

 

しかし今は、飲酒、煙草により肝機能が低下している人が多いようです。

 

その為の補助としてのデトックスの摂取はお薦めです。

 

 

1